今なぜ水素エネルギーなのか?


  地球には水素と酸素で構成される物質である水がおよそ150億km³含まれている。
  水素は再生利用可能なエネルギー資源のひとつであり、エネルギーとして利用される時、
  水素は燃焼して大気中の酸素と化合して水となる。
  つまり、水から得られた水素は燃やされてエネルギーを供給して水に還る。
  他の化学燃料と異なり、硫黄酸化物(SOx)、二酸化炭素(CO2
などの地球温暖化の原因
  となる排ガスを水素燃焼では発生しない。
  水素は燃焼スピードが早いため(ガソリンの9倍)窒素酸化物(NOx)を3000ppm以上発生する。
  これを解決することで(15~60ppmに削減)することで水素エネルギーはクリーンになる。
  前述の通り、水素エネルギーは、無尽蔵、再生利用可能なクリーンエネルギーである。
  全世界の石油生産のおよそ55%は動力燃料として消費されている。動力燃料として最も効率的な
  方法で水素ガスを利用できる工夫をすることが最も重要である。



水素の主な特徴