調査費用が実質無料!工事金額5%割引キャンペーン!

工事費5%割引キャンペーン!実質調査費が無料!!

調査費用が実質無料!工事金額5%割引キャンペーンの内容

事前調査をご依頼いただき、その後、当社にて解体工事やアスベスト(石綿)の除去作業工事などをご発注頂くと「工事金額の5%を割引」させていただきます。改修工事、内装工事、設備工事、リフォーム工事などのどんな工事でもご利用可能です。

事前調査と工事を同時にお申し込む必要はありません。

アスベスト(石綿)の事前調査完了後、工事を実施するタイミングでのお見積させて頂き、割引をさせていただきます。(期間は7年間)

※工事契約については、当社の提携工事会社になります。予めご了承ください。

実は、アスベスト(石綿)は2006年以前に建築された、ほとんどの建物に使用されています。

アスベスト(石綿)は種類によって、レベル1~3までに分類されます。レベル3まで含めると使用されている建物は多くなります。

【1】アスベストのレベル区分

レベル1レベル2レベル3
主な建材の
種類
石綿含有吹付け材
・吹付け石綿
・石綿含有吹付けロックウール(乾式)
・湿式石綿吹付け材(石綿含有吹付けロックウール(湿式))
・石綿含有吹付けパーライト
・石綿含有吹付けバーミキュライト
石綿含有保温材
・石綿保温材
・パーライト保温材
・けいそう土保温材
・石綿含有けい酸カルシウム保温材
・不定形保温材(水練り保温材)

石綿含有耐火被覆材
・耐火被覆板
・けい酸カルシウム板第二種

石綿含有断熱材
・屋根用折版裏石綿断熱材
・煙突用石綿断熱材
その他の石綿含有建材(成形板等)
・石綿スレート
・屋根用化粧スレート
・けい酸カルシウム板第一種
・押出成形セメント板
・窯業系サイディング
・フロー材
・パルプセメント板
・スラグせっこう板
・ロックウール吸音天井板
・石膏板(ボード)
・石綿円筒
・ビニル床タイル
・その他石綿含有成形板
発じん性著しく高い。
解体するときに繊維が飛び散るのでかなり危険。
高い。
密度が低く非常に軽いためいったん崩れるとかなり飛散する。
比較的低い。
密度が高く固いためレベル1、2に比べると飛散しにくい。
使用箇所・建築基準法の耐火建築物(3階建て以上の鉄筋構造の建築物、延床面積の合計が200平米以上の鉄筋構造の建築物)などの梁や柱などに石綿とセメントの合剤を吹付けて形成させ、耐火被膜用として使われている。
昭和38年頃から昭和50年初頭までの建築物に多く、特に柱やエレベータ周りでは昭和63年頃まで石綿含有吹付け材が使用されている場合がある。

・ ビルの機械室、ボイラー室等の天井や壁、または体育館、講堂、温泉の建物、工場、学校等の天井、壁に石綿とセメントの合剤を吹き付けて形成させ、吸音、断熱用として使われている。
昭和31年頃から昭和50年初頭までの建築物に多い。
・保温材としてボイラー本体及びその配管、空調ダクト等に石綿保温材、石綿含有けい酸カルシウム保温材等を張り付けている。

・建築物の柱、梁、壁等に耐火被覆材として石綿耐火被覆板、石綿含有けい酸カルシウム板第二種を張り付けている。

・断熱材として屋根用折版裏断熱材、煙突用断熱材を使用している。
・建築物の天井、壁、床などにあうレートやサイディングなどの石綿含有成形板、ビニル床タイルを張り付けている。

・屋根材として石綿スレート等を用いている。
対策著しく発じん量が多い作業で、作業場所の隔離や高濃度の粉じん量に対応した防じんマスク、保護衣を適切に使用するなど、厳重なばく露防止対策が必要なレベル比重が小さく、発じんしやすい製品の除去作業であり、レベル1に準じて高いばく露防止対策が必要なレベル発じん性が比較的低い作業で、破砕、切断等の作業においては発じんを伴うため、湿式作業を原則とし、発じんレベルに応じた防じんマスクを必要とするレベル
2006年以前のほとんどの建物に使われています。他人事だと思って安心していませんか?

事前に調査をしておけば、それだけで万が一の時でも訴訟の心配はありません。

石綿(アスベスト)事前調査でトラブルを防ぎ、所有者と管理者を守ります。
初めまして。石綿(アスベスト)調査専門の石綿技術研究所の宮本です。私は今まで石綿調査を行ってきました。そしてあなたが想像している以上に石綿(アスベスト)問題は身近にあります。

「事前調査の必要性を知っていてくれたら、こんなことはなかったのに・・・」

私は事前調査は従業員の方を守るだけでなく、資産価値を高めると信じています。すぐに改修工事を行わなくても事前調査を行えば、社会にもっと笑顔が増えるはずと思い、石綿(アスベスト)に関する情報提供を積極的に行っています。そしてこれからもたくさんの人たちのお役に立ち続けるよう活動して参ります。
石綿技術研究所 宮本 茂

文房具店の店舗兼倉庫として、鉄道高架下所在にある本件建物を借り受け、約32年間にわたり、本件建物内にて勤務していたが、平成14年7月に悪性胸膜中皮腫の診断を受け、その約2年後に病気を苦に自殺。同倉庫の壁面部分の一部にはアスベストの吹付け材がむき出しの状態で施工されていた。建物所有者に損害額約5,000万円の支払いを命じています。

建物を譲渡した売主は、当該建物にアスベストが含有されていたこと(またはその説明義務違反)を理由として、買主に対して損害賠償責任を負うリスクがあります。売主にアスベストについての説明義務違反が認められたことはもとより、買主にも過失があるとして過失相殺により約8,683万円の損害のうち過失相殺によって約3,473万円のみが認められています。

ホテルでの就労期間が長期に及び、かつ、石綿繊維が飛散する職場において、石綿を使用した作業に従事したことがあること、同様の業務に従事していた元同僚が、石綿が原因と思われる石綿肺を発症していること等から、本件ホテルでの就労と悪性胸膜中皮腫の発症およびこれによる死亡との間には、因果関係が認められるとしています。

不動産取引時にはアスベスト調査が必要となり、石綿則(10条4)により、事業者に貸した建築物の共有部分のアスベスト対策は建築物所有者の義務になりました。

不動産鑑定評価の際に建築物の鑑定評価事項に「石綿等の有害物質」があり、投資用不動産の取引や企業買収等での資産評価では、デューディリジェンス(投資判断のための調査)において、建物環境リスク評価の項目でアスベストの有無を明示する必要があります。

調査費用が実質無料!工事金額5%割引キャンペーンの内容

事前調査をご依頼いただき、その後、当社にて解体工事やアスベスト(石綿)の除去作業工事などをご発注頂くと「工事金額の5%を割引」させていただきます。改修工事、内装工事、設備工事、リフォーム工事などのどんな工事でもご利用可能です。

事前調査と工事を同時にお申し込む必要はありません。

アスベスト(石綿)の事前調査完了後、工事を実施するタイミングでのお見積させて頂き、割引をさせていただきます。(期間は7年間)

※工事契約については、当社の提携工事会社になります。予めご了承ください。

石綿(アスベスト)のプロにお任せください。あなたを支えます。
お気軽にお問い合わせください。
092-600-4767

お申し込みはこちら

まずは、メールかお電話にて、無料相談をお申し込みください。

お名前必須
メールアドレス必須
ご連絡先 例:000-1234-5678必須
お問い合わせ内容必須
>石綿(アスベスト)の無料診断!

石綿(アスベスト)の無料診断!

大気汚染防止法改正に伴い、令和5年10月1日以降に着工される建築物の解体・改修工事から、 石綿(アスベスト)の有無の調査を有資格者が行うことが義務付けられることになりました。

まずは、石綿(アスベスト)「無料診断」で対象の物件が石綿(アスベスト)含有がどうかを確認してください。

CTR IMG